日勤常勤看護師 - クリニックでのお仕事&働きがいについて

日勤常勤看護師 → 日勤常勤看護師への転職 - クリニックの場合

日勤常勤看護師への転職 - クリニックの場合

看護師も3年ほど勤務を経験するといろいろなことが見えてきます。大きな組織で仕事をしていると「これでいいのだろうか?」なんて悩みも出てきて転職を意識するでしょう。ここでは、大きな病院からクリニックに転職する場合のアドバイスをしたいと思います。
日勤常勤看護師の求人の利点は?

クリニックでは果たして楽しく働けるのでしょうか? 逆にクリニックでは看護師としての成長がストップするのではないでしょうか? そんな悩みもあるでしょうからデメリットやメリットも考えてみる必要があります。

クリニックでは看護師としての成長・スキルアップは期待できないです。大抵は毎日同じことのくり返しになります。手技や知識が積み重なることはほとんどないでしょう。

クリニックの方が楽しく働けるとは限りません。どこの職場でも苦労はありますから転職する場合はしっかりと考えた方がいいです。クリニックに限らずデイサービスや訪問介護など小規模組織の転職先は多いです。

私の経験を元にしてまとめてみました。まずはクリニック勤務のメリットです。「緊急対応が少ない」「日曜は確実に休める」「残業がほぼゼロ」「身体の負担が少ない」「日勤オンリー」などです。業務内容は「医師の診察介助」「採血や点滴」「心電図測定」「器具の滅菌」「レントゲン写真現像」「掃除や洗濯」などです。

次にクリニック勤務のデメリットです。「看護経験を活かす場がない」「組織が小さすぎる」「スキルアップできない」などです。クリニックでは診察がメインになりますから看護経験を活かすことはほぼないでしょう。

大病院では自分自身が歯車のひとつに思えるのです。けれどもクリニックに転職したら組織改革はできなくても意見は言える立場です。組織が小さいクリニックでは医師のワンマンで看護師の意見など求められず医師の言うとおりに動くことが仕事です。

私の場合は病棟勤務からクリニックへ転職しました。病棟勤務よりも肉体的には楽になりましたが、やりがいと組織の小ささに悩んでしまいました。看護師は長く仕事ができますから迷っても問題ないでしょうし、また戻ればいいと思います。

看護師のアセスメントとは?

患者さんのデータ(体温、血圧、顔色、脈拍)や患者さんの症状(苦しい、痛い、辛い等)を基にして、正確に患者さんの状態を把握することを看護師のアセスメントと言います。

初期段階のアセスメントは、多くの場合、医師が診察する前に行われるので、非常に重要な役割を果たします。これからの治療の方向性に影響を及ぼす可能性が大きいからです。

アセスメント能力の高い看護師は大変優秀な看護師と言えるでしょう。看護師の正確なアセスメントによって、重篤な症状の患者を見過ごすことなく、初期段階での的確な治療を行うことが可能になります。

診療科目によって、一概に看護師と言っても専門分野がそれぞれ違ってきます。しかし、アセスメントは看護過程の一つであって、この能力に優れた看護師はどの職場にとっても重要な人材と言えるでしょう。

このように、アセスメントは看護師には欠かせない能力ですが、一般的に、このアセスメント能力は、医療現場での経験を積めば積むほど上がっていくもののようです。

病院によっては、看護師の能力向上に努めているようで、看護師のスキルアップのために、定期的にアセスメントに関しての研修会や勉強会を行っているところもあるようです。しかし、医療現場で大勢の患者さんと接し、多くの症例を目の当たりにし、経験を積むことによって、より一層アセスメント能力は向上して行くようです。

看護師として働いていく以上、ご自身のスキルを上げたいと思うのは当然のことで、多くの方がそう願っていらっしゃることでしょう。大きな病院ほど患者さんも多く訪れますし、それだけ様々な症例を目にすることもできます。

まず、ご自身の知識の向上、スキルアップを考えるのであれば、初めは、小さなクリニックに勤めるよりも、大勢の患者さんと接する機会が多い大きな病院に勤めることをお勧めします。各種研修会や勉強会が充実していたり、積極的に認定看護師などの資格の取得を支援している病院もあるようです。